病院概要

診療科目

受付時間・診療日

受付時間

受付
月~金曜日
午前 8:30~12:00
午後 13:00-17:00
土曜日
午前 8:30~12:00
午後 休診

休診日

診察の際にご持参いただくもの

診療担当医

 
内科医師 泉 太    
鬼村 修太郎    
精神科医師 三木 好満    
奥野 丈夫    

門司田野浦病院断酒会

北九州断酒友の会門司田野浦病院支部

当院のアルコール治療プログラム(ARP)は、担当医の考えの下 1役割/人と責任を育成することを念頭に役割を置き、断酒会活動を行っています。
入院中から退院後の生活を考え、飲酒の身体・精神的影響や、家族・社会に対する酒害を学習し、個々の自主性を尊重することにより退院後の断酒生活への方向付け、自信を養い断酒継続を行える退院後の生活を目指しています。
又、アルコールに関する問題(暴力・借金・ギャンブル等)の相談に応じ、御家族が抱えているアルコール関連問題の解決の援助を行う事を目的にしています。

断酒会活動について

断酒の誓
毎日開催
曜日別開催
 
アルコール勉強会   10:00~11:00        
院内例会   13:30~15:30        
瞑想   17:00~17:30   17:00~17:30   17:00~17:30
ミーティング   18:15~18:45        
スモールミーティング       不定期    
ボランティア活動
(自治会奉仕活動)
        9:00~10:00  
田野浦病院断酒会
月1回開催
行軍
年1回開催
断酒会発足記念例会

精神科作業療法(Occupational Therapy : OT)

精神科作業療法

精神科における作業療法とはリハビリテーションの一つで、作業を用いて心身の機能の回復を促し、生活の質(QOL)の改善を目指します。
作業療法の基本目的は、人々が日常の作業をできるようにすることです。
作業ができるとは、「人々が仕事を適切にやり遂げる」、「心楽しく遊ぶことができる」、「日々の生活習慣を整えられる」、「上手に休養することができる」という意味です。
自分の目標に合わせて、活動を作業療法士と話し合って決めていきます。

活動内容

精神科作業療法

活動時間

午前のプログラム 9:30~11:30
午後のプログラム 13:40~15:40

その他

精神科デイケア・ショートケア

精神科デイケア・ショートケアとは

精神科デイケア・ショートケア

治療によって症状が落ち着いても、職場復帰や日常生活がスムーズに出来ない場合があります。そのために、個人作業や集団活動を通して、その人らしい生活が送れるように手助けを行います。

活動内容

現在、毎週火曜日の断酒会講義、月1回木曜日の断酒会行軍を主に精神科ショートケアの活動を行っています。
今後は適時、活動の充実、拡大を図り、内容についても参加者に適したものを考えています。

参加費用・その他

各種健康保険により負担金が異なります。担当スタッフにおたずね下さい。
送迎を行っていますので必要があれば、ご利用下さい。

医療相談連携室

門司田野浦病院 医療相談連携室

門司田野浦病院 医療相談連携室

患者様が治療や療養に専念できるように、医療ソーシャルワーカー(精神保健福祉士)が、患者様に関わる心理的・社会的・経済的な相談をお受けしています。
(※診療に直接関わることを除きます)

また、地域の保健・医療・福祉機関と連絡をとりあい、医療や福祉のサービス紹介や利用を通して、社会復帰や在宅療養への準備などのお手伝いも行っています。その他、成年後見人制度の手続きなど社会資源の活用に関するご相談もお受けします。

入院のご案内

入院のご案内

病床数479床
└ 内科療養病棟 病棟数2棟   95床
└ 精神病棟 病棟数7棟 384床

入院の際にご持参いただくもの

入院の際に用意していただくもの

洗面道具、下着類、タオル、箸、スリッパ等、その他最小限の身の回りの品(病棟により、多少異なります)

面会時間

午前10時~19時までとなっております。

入院費のお支払いについて

毎月末日締めで、翌月10日以降にご請求致します。
請求書を受け取られましたら、病院会計窓口にてお支払い下さい。